上原バトラー談(全文)

2019年がやってきた・・・

    というよりおいらがその時間に到達したのだが・・・

82年 公開された映画 ブレードランナーの時代設定が2019年

実際においらがこの映画を見たのは85年のテレビ放送だった

ただのSF映画ではない おいらの人生の中で一番繰り返し観た映画

観る度に新しい発見がある それがブレードランナー


  現実の2019年は・・・

環境破壊は進んでいる、酸性雨も降っているがそれ程ヒドイものじゃない

ポリススピナーもブラスターも生存年数4年のレプリカントももちろんいない

あの頃の未来においらは立ってない・・・

おいらはレプリカントの何十倍もの時間を生きてきた

この眼で見てきたものは何だったのだろう

残された時間に何をみるのだろうか


今年こそはフジミ模型のポリススピナー作りたいけど

「お前にその技術はない、もっと精進せよ」

そんな声が聞こえる・・・