ビブリオバトルとは:

読書が好きな人が集まり、お互いに自分のオススメする1冊の本を5分間という時間の中で紹介し、その中で1番読んでみたい本を決めるというコミニュケーションゲームなんです。

本を通じたコミニュケーションツールだということ。

私がビブリオバトルを知ったきっかけは、ある図書館の館長と知り合ったことでした。

その人が、ビブリオバトルとは自分のおススメの本を持ち寄って紹介しあい、「チャンプ本」というNo.1を決めるゲームなんだよと教えてくれました。

ただ、その館長が付け加えたことが、「ただのプレゼン大会ではなくて、紹介者そして質問者などの発言により各々の人柄が出てくるというのが1番の魅力なのだ」ということでした。


ビブリオバトルとは、なかなか奥が深いコンテンツなんですね!

日本全国で行われていて、公式ルールもあるんです。

  1. 発表参加者がおもしろいと思った本を持って集まる。
  2. 順番に1人5分間で本を紹介する。
  3. それぞれの発表の後に参加者全員でその本についての質問などを2~3分話し合う。
  4. 全ての発表終了後に一番興味を持った本を多数決で決め、1番を「チャンプ本」とする。

絶賛開催中!!(毎月第3金曜日)

実際にどんなものか見るだけの参加OKですよ!観戦してもらって、一緒にチャンプ本に投票しましょう。もちろん飲みながら!by ヒゲの店主

ウチのイベント「大人のビブリオバトル」は、ひと味もふた味も違いますよ!

コチラの「第11回大会  ~解説編~」をご覧ください。