第5回ビブリオ戦記 ~新たなる刺客と進撃の昭和~

第5回を迎えることができました。男女混合ビブリオバトル実行委員会を立ち上げてから4ヶ月が過ぎようとしています。改めて、館長、委員長、そして参加してくださっている方々、ありがとうございます。そして、来年もさらなるヴァージョンアップを目指していきますので、よろしくお願いします!(*画像クリックorタッチで拡大)

今回は、新たなハード面の修正はありません。強いて言えば、次回にむけて今度は席決めアプリでも探そうかなと思っております!

今日は、岩舘夫婦がワインを持ってきてくれました!さらに、12月ということで後でビンゴ大会やろうと思い、ビンゴカードと賞金の図書カード買ってきました!これをゲットした人は、これで本を買って、またバトラーお願いします。さて、ここで始めようかと思いきや・・ご報告が。

前回の大会ページで触れたのですが、今大会初参加予定だった店主の後輩が、なんとまさかの仕事の都合で直前棄権になってしまいました。参加してくれると信じきっていた店主は、ひっそりダメージを受けました・・・

しかし、明るい材料もあります!同じく初参加予定だった「柳沢さん」来てくれました~!そして、大型新人「はらさん」も風邪からの見事な復帰を果たしております!

それでは、始めましょう!

まずは、委員長のごあいさつから!勝手に沖縄弁にしてみました。

まずは、トップバッター!最近、先鋒としての登場が多いような気がする委員長です。

委員長ありがとうございました!紹介本は「絶対に行けない世界の非公開地域99」でした。これは、かなり「信じるか信じないかはあなた次第です」的なネタでした。アメリカの地域が多いということでしたが、非常に興味深い感じでしたね。と同時に、この本は委員長が勤めている上司(院長)の方の本らしいのですが、これを買ってもってる人ってどんな人なのって思いました。まさに、院長!深いぃぃ人だなぁ~。続きまして、初登場!柳沢さんです!緊張するかもしれませんが、経験者らしいので、きっと冷静にこなしてくれるのではないかと期待してます。それでは、どうぞ!

ギーヤナ、ありがとうございました!オススメ本は「読書で離婚を考えた」でした。本人談では、最近きっちり5分バージョンでやっていなかったらしく、ややテンパリそうだったとのことでした。登場はファンキーな感じでしたが、個人的には、「この作家さんが好きだ」という発言やプレゼンを聞いてても、本をたくさん読んでるんだなぁと伝わってきました。私は主に運営サイドの人間なので、これを見て、このような方がこれからも増えてくれれば、うちのビブリオバトルも層が厚くなってより面白くなるなと思いました。もっともっと読書好きを誘わねばです。やはり、まずは大物の「橘ケンチ」さんに狙いを絞りたいと思います。たぶん、28日あたりまで池袋で「橘書店」開催中らしいです。(*EXILE THE SECONDのファンではない。)

さぁ、続きまして・・・そいえば前回の王者はエントリーされているかと思いきや・・

なんと、大人の事情で両者辞退となりました。この時点で連覇の夢は散りましたぁ。誰か連覇する人は現れるのでしょうか?では3番手の登場です。いつも忙しい中、参加してくださってありがとうございます!ともさんの登場です!ともさんが、このビブリオイベントを支えてると言っても過言ではありません。それではよろしくお願いします。

ともさん、ありがとうございました!紹介本は「犬が星見た」でした。前回の土偶の本とはがらっと変わり、なにやら文章の表現などが個性的だとかそうじゃないとか・・ワタクシ、後日、ちらっと読んでみたら、勝手に著者のキャラクターがなんとなくイメージできそうなできなそうな、そんな感覚になりました(汗)では、次です!今日はバトラーが6人なので、この報告書もなかなかのボリュームになりそうです。お次は、小出館長です!優勝目指してがんばってください!どうぞ。

館長ありがとうございました。館長の本は「放送禁止歌」でした。お蔵入りや放送NGだった歌にまつわるエトセトラ的なものがつまった本だそうで、これまた委員長の本と一緒で気になる部分が多い本でしたね。館長も、委員長の本とテイストが被ったのを感じてか否か、プレゼンの前に誰に気づかれることなく、さりげなく委員長の本を手に取りマジマジと見つめていました。その心中やいかに!その瞬間画像がこちらです!

さぁ、残すはあと2人です。とその前に、このコーナーいきましょう~「今日のアノ人」のコーナー!!!!!!!! アノ人とはもちろん、”不動の鉄仮面セコンド”こと岩舘氏です。今まで、微動だにせず、ただずっとバトラーの戦況を見つめるだけの存在としてあり続けてきた男は、今回もやはりストイックに存在するだけだったのでしょうか?見てみましょう。

序盤は、やはり感情を持たぬ機械人形のような冷めた表情をしていたので、やはり彼の心を覆う氷は永久氷壁なのか・・そんなことを思っていた時!見てください!彼の口元のあたりを!ややしゃくれ気味にうっすら微笑みを浮かべているではありませんか!やっぱり、岩舘氏はただ固い意志のもと、クールに徹していただけだったんですね。それとも、アノ手元にあるビールジョッキが、ヘレン・ケラーの”ワーラー(水)”的感覚を呼び起こしたのか・・・今後も、たまに密着したいと思います。

さぁ、話が脱線したので、またまた脱線します!新コーナーぁぁ!「男・カンチョー喜怒哀楽」のコーナー!!!!  岩舘氏のCOOLさばかりをネタにしすぎても、ネタが尽きてしまうので、第2のコーナー作りました!このビブリオバトルの中心人物である”小出カンチョー” もはや言葉は必要ないのかもしれません。

いかがでしたか?岩舘氏が不動の”剛”だとしたら、カンチョーは七変化の“柔”ですね。こんなカオスの中で、私たちは毎回、熱戦を繰り広げています。

いいかげん、本線に戻したいと思います!5番手に登場は、風邪からの見事な復帰を果たした原さんです。原さん!お待ちしてました。カンチョーのペースになりつつあるので、ここで盛り返してください!それでは、どうぞ!

バトルの途中ですが、原さんの紹介本は「般若心経」でした。先に説明しますが、ここから原さんが、質問タイム用に用意していたネタを出してしましました。それは般若心経における「空(くう)」とは何かという解説を別紙でやることでした。正直、私には難しいようなそうでないような感じでわからなかったのですが、さらに、それでも時間が余ってしまい、残りの時間で般若心経を朗読することとなりました。その時の映像も含めてこちらをご覧ください。

原さん、メガネないと文字が見えなくて悪戦苦闘していました。最後は、原さんのリクエストでロン毛の茶髪加工をほどこしました。もう少し上手く描けたらよかったんですが・・・

とにもかくにも、原さん、お疲れ様でした!やっぱり原さんが入ると、また違った個性派が加わっておもしろいと思いました。原さん、いじってすみませんでした!とりあえず、ゆっくり休んでください。

さぁ、この長丁場の戦いもいよいよラストを迎えます。大トリは初代王者、原田くんの登場です!そろそろ、また勝利の美酒を味わいたいところですかね!気合い入れてお願いします!

原田君、ありがとうございました。紹介本は「ざんねんないきもの辞典」でした。生き物の一風変わった習性などがいろいろ書かれているらしく、原田くんの話し方もうまくてなかなか面白そうな本だなと思いました!内容の例のチョイスが秀逸すぎて、逆にちょっと満喫した気持ちになりました。これが吉と出るか凶とでるか、いよいよ投票の時間です!

今回は6冊と、かなり盛り沢山な大会だったと思います。ほんと毎回、バトラーが多彩に本を持ってきてくれるので、気になるモノばかりです。しかし、この中からチャンプが決まってしますのです。ルールとはいえ、なんと残酷な戦いなんでしょう・・さ、チャンプの発表です!

第5回ビブリオバトルのチャンプは・・デュクデュクデュクデュク・・・・・・ジャ~ン!!!

小出館長!初の王者です!おめでとうございます!王者がいろいろ誕生する中で、密かにカンチョーとして勝利の重圧を感じていたかもしれません。今大会で自身の進退を懸けていたかもしれません。そうした中、見事、ぶっちぎりの勝利でした!小出館長の奥様!今、実家でこのページ読んでますか?長々としたものですみません。いつもお世話になっております、「ヒゲの店主」こと遠藤です。来年もよろしくお願いします!よいお年をm(_ _)m

息子2人、見てますか!お父さん勝ったよ!よいお年をm(_ _)m 

改めまして、館長、おめでとうございました。チャンプからコメントもいただいております。

王者コメント

ようやく、チャンプ本になり、年内中に汚名返上ができて、ホッとしています。これで、気持ち良く年が越せます。今後は、誰も成し得なかった連覇を狙います!

第5回大会も無事、成功ということで、参加してくださった方々、いつもありがとうございます。ぜひ、来年ももっとパワーアップして楽しんでいきましょう!まずはビブリオバトルお疲れさまでした!

そして・・・

「その後・・・」へつづく。