~ 2017年8月17日 ~


第1回大会の内容です。

*注意点;画像はクリックしてもらうと全画面になりますので!


まずは、続けていくことが大事ということで、店主と館長で知り合いを集め開催しました。



乾杯を終えて、館長がビブリオバトルについての簡単なプリントを持ってきてくれました。


そして、タイマーもスタートでゴングの音が鳴るものを用意し、いよいよスタートです!



記念すべきトップバッターは、図書館館長の小出さんです。


皆さん、初めてで緊張気味のため、ここは百戦錬磨の館長から登場してもらいました。



館長おつかれさまでした!

さすが、慣れている感じでいいスタートになりました。


ちなみに、館長ご推薦の本は「世界がもし100人の村だったら」でした。


続きまして2番手の原田くんです。

わたくし、店主のフットサル仲間が参戦してくれました。

かなり緊張してました。




原田くんの緊張は最初くらいで、順調にこなしてくれました!

おつかれさまでした!


原田くんのオススメ本は「故事ことわざ名文句」でした。


なんと、辞典のような分厚い本でトリッキーに攻めてきました。


お次は3番手、なんと今度は店主の妻、ユリさん登場です。

人員不足のため特別に参戦してもらいました。

なかなかの本好きなのです。



お疲れ様でした。

ユリさんは「プリズンホテル」を紹介してくれました。


やっと王道の小説っぽいものがでてきたなという感じでした。


続きまして、またまた店主の知り合いのアスミさんです。

アスミさんもかなりの本好きということなので、参加してもらいました。


あとの話しになりますが、皆さんの総意の元、アスミさんには、このビブリオバトルの実行委員長になってもらうことになりました!

パチパチパチパチッ!!!



委員長、お疲れ様でした。

アスミさんは、まだまだ引き出しが多そうな感じがしました。

さすが委員長です。


ちなみに今回のオススメ本は「すべてがFになる」でした。


残すところ、あと2人。

次は、またまたまた店主の知り合いのマイさんです。

実はちょっとしたプチトラブルがありました。

これもビブリオの味なんだと思います。



マイさん、お疲れ様でしたぁ。

なんと、本を全部紹介する時間がなくなってしまうというハラハラドキドキの展開でした。


ここでは、館長が機転を利かせて、質問タイムの中で「その続きが知りたい」と言ってくれて残り2分間を使って無事終了となりました。


マイさんのオススメは「床下仙人」という本でした。


さて、やっとラストです。

ラストはわたくし「ヒゲの店主」であります。

正直、私は全く本は読まないので本選びに苦労しました。



私は、1年半前から英会話の勉強を始めたもので、それに関連づけて日本昔噺の短編集の英語版を紹介させてもらいました。


ちなみに題名が「Long ago stories of Japan」です。

だいぶ変化球すぎた感はいなねませんが・・・


とにかく、これですべてのプレゼンが終わり、皆さんホッと一息つくことができました。



いよいよ「初代チャンプ本」を決めます!紹介した本をテーブルに並べ、皆で同時に指をさしあうことにしました!いきます!


いっせーのぉ・・・



皆さん、バラバラの僅差の勝負になりました!


栄えあるビブリオバトル初代王者は・・・この人でした!



原田くん、おめでとうございます。

残念ながら、わたくし店主の本は誰も興味を示しませんでした(泣)。


このあとは、皆さんでお酒飲みながらのトークタイムで盛り上がりました。


ここで、このイベントを継続するにあたり、優勝者にトロフィーを用意してリボンに歴代王者の名前を書いて飾ろうという話になりました。


なので、後日またトロフィーを用意しようと思います。

そして、店主と館長の勝手なノリで、今日の参加者をビブリオ実行委員に任命しました!


さらに、その中でアスミさんを実行委員長にしてしましました!

アスミさんは拒否らなかったので決定です!(笑)


こうして、記念すべき第1回を無事終了することができました。


感想としては、大人が世間話以外で飲みながらこのようなゲームをするのは新鮮な感じがして楽しかったと思います。


今日、参加してくれた人たちも楽しんでいたし、館長も手応えを掴んで帰っていきました。


第2回開催に向けて修正なりを加えて、月1回程度に続けていけたらと思います。

それでは、また次回の力作にご期待ください。



☞【NEXT  第2回大会】

『1』 『2』 『3』 『4』  ・・『10』 ・・ 『20』・・


☆ オトナのビブリオ実行委員会 ★