~ 2018年5月18日 ~


第10回大会


ついに二ケタ10回目を迎えることができました!

いやぁ、まったく想像できなかったですね。


そして、小出「元カンチョー」が去った、このビブリオ・・・

第2章として新たにスタートすることになりました!


「元カンチョー」というレジェンドを失ってしまった私たちですが、心配ご無用!


うちには「イインチョー」という大黒柱がいます。

そして、レジェンドの後継者、バリバリの現役カンチョーもいます。

ということで、第2章は「ウーマンパワー」全開でいってもらいましょう!





今回は、お2人が新しく参加してくれました。

左から春日くん、田島さんです。


春日くんは、館長の職場の新人で、田島さんはウチの店のお客さんです。

2人とも初参加でバトラーをやってくれるというツワモノでした。


詳細は後ほど。

料理は、だいぶネタが尽きてきたのでざっくりシーフード縛りにしました。

わかめサラダ・・・強引すぎたかな(汗)


委員長からの「おバッチ授与」もなされ、いざ第10回大会スタートです!





トップバッターは、柳沢氏(以後やなさん)。

やなさんが1番手は珍しいですな。


なにやら、本にまつわる面白そうなエピソードがふんだんに盛り込まれてそうな本みたいですな。


なかなかビブリオにふさわしい本だなと思っていたら、なんとレイさんも今日、この本を紹介しようとしていたらしい。


結局、家ですぐに見つからず違う本にしたという。

あぶなく2大会連続ビブリオ被りになるところでした。





お次は、原田くん。

毎回、誰よりもチャンプ本になることを渇望している男。

今回は、内容のユーモアさが自分の笑いのセンスに似ているというアピール。


一部を抜粋して朗読するが、なるほどなかなかオモシロいではないか!

個人的には、相変わらず話しが自然体というか上手いなと感心しております。





さて、お次は、女館長レイさん。

これまた、本にまつわるエピソードがつまっている内容で、本がどのようにしてできるのかなど、まさに作り手側の想いが描かれているようです。


さすが、まさに「ザ・図書館館長のオススメ本」でしたね。





さぁ、きました、新人!若さあふれる元球児!

いったい何を紹介してくれるのか!


なんと、大学の卒論にもしたという、「物語りシリーズ」の紹介でした。

なにやら、アニメなどもあるらしく、それぞれのキャラの闇も深そうで、現代の若者はこういうのが好きなんだなと中年実業家の私も考えさせられました。


NETFLIXであるかなぁ~ 

店、暇なとき見てみようかなぁ~





ラストは田島さん。

なんと、タブレットを用いての紹介。

新しいですね。

世界歴史を掘り下げていくとおもしろそうな、そして、世界史に疎い私には難しそうな、実に興味深いお話でした。


全くの初めてで、バトラーまでやっていただいて、田島さん、ありがとうございました。

後の感想で楽しかったと言っていただき、またお越しいただけたら幸いです。





それでは、チャンプ本の投票&即開票に移ります。


第10回大会、そしてビブリオ第2章、一発目の王者は誰なのか!


デュクデュクデュク・・・


チャ―ン!






原田くんでした~!

第1章初代チャンプ、またしても章のはじめに王者となりました。


いわくつきの初代王者と違い、まさに真の王者となることができました。

勝利に飢え続けてきた男の生きざまを我々はずっと見てきました。


タイミング的には遅いですが、西野監督にも視察にきてもらいたかったですね。


いやぁ、絶対に日本に必要な男なのになぁ、隆行は!

そう、思う人は「イイねボタン」か「へぇボタン」を連打してください!




こうして、第2章のスタート回も無事終了となりました。


これからも新たな参加者を増やしていったり、いろいろアイデアをしぼってバージョンアップさせていければいいですな。


まだまだ戸田市民に認知されていないので、ワタクシも試行錯誤を重ね、広めてゆく所存であります!


一応、新コーナーとして、この結果報告の感想などを小出さんに書いてもらおうと考えております。


小出さんサイドからも新たな動きなどあれば、皆さんに伝えられると思いますし。


その名も・・・・「元カンチョーの閲覧後記」 絶対、笑えるコメントだと思うので乞うご期待!


それでは、皆さん、また来月お会いしましょう!


そして、どこかの異国でこのサイト見てる方!いつでもお気軽にご参加ください。


何でも問い合わせてください。お待ちしてます!


by  ヒゲのオーガナイザー



【 Before 第9回大会 】☜      

【 Next 第11回大会 】

『1』 ・・『10』 『11』 『12』 ・・『15』 ・・ 『20』・・


☆ オトナのビブリオ実行委員会 ★