~ 2018年8月17日 ~


第13回大会

(2年目突入!!)

              

       ~ 夏だ!花火だ!ビブリオだ! ~

      


ども!こんにちは。ビブリオバトルオーガナイザーのヒゲの店主です。


今回もはりきって、ご報告していきたいなぁと思ってるんですけども。


皆さん、熱中症にはくれぐれも気をつけて素敵な1日を過ごしてくださいね。


と、くだらない挨拶はさておき。

今回は、早くもエマージェンシー発動なんです!

非常事態発生です!




そうなんです。不在なんです。

此処にいないんです。


なんと、今まで、このビブリオを第一回から支え続けてきた大黒柱「委員長」が突然の不参加になり、


さらに「偽りのエース」ヤナさんも風邪でダウンと、

2年目のビブリオ1発目は、飛車&角抜きの状態での不安な船出となりました!


しかし、弱音ばかり吐いている暇は私達にはありません。


2人が安心して戻ってこられるように、この場は残された者たちで守っていくのみです。


幸い、前回参加していただいた、兼重さんと野原さんが今回もお越しくださり選手層は厚くなってきました。


委員長の挨拶はありませんが、みんなでせっせと始めましょう!スタンバイ!



はい、はい、バッチ配りますよぉ


今回は、少し人数少ないですが、いつ自分がバトラーでもいいように皆さん準備してくれていたので、なんとか5人のバトラーでやることができました!


まずは、もはや不動のトップバッターになりつつあるレイさんからどうぞ!





バトラー談;


世界にはこんなにたくさんの文字があったのか!

という驚きと、その文字に対する著者の愛あるツッコミが病みつきになる1冊です。


「究極の文字を求めて」:松 樟太郎




レイさん、お疲れ様でした。

いろいろな文字がのっているというこの本。


やはり、私はタイ文字と聞いてから気になってしょうがないですね。


最近、やっとタイ文字がわかりかけているので、あとでチェックしてみたいと思います。


コップン、カップ!お次は朋さんです。





バトラー談;「翻訳できない世界のことば」


一言では言いあらわせない世界中の言葉を集めた本です。


こんな言葉があるんだ!という新鮮な発見があります。

心にとまる言葉がきっと見つかります。


きれいな絵も添えられているので、イメージが膨らみます。


ひとつの言葉をじーっくり味わってみてください!



質問タイ―ム!!
質問タイ―ム!!


朋さん、お疲れ様でした。

本文を読みながら妄想力も鍛えられそうなこの1冊。


朋さんのこの無欲な姿勢がビブリオ最多優勝の秘訣なのかもしれませんね。

サワディー、カップ。



次は、早くもエースの風格漂うオールドルーキー!兼重さんの登場です。


ここでは、さらに臨場感を味わっていただこうと思って、

「オトナのビブリオバトル」初の試み!

バトル中の動画を埋め込んでみました。


最初なので、ほんのさわり程度ですが少しは場の雰囲気がお伝えできればなと思っております。ほんとにさわりです。

(*本人の許可受諾済)





バトラー談;

「アメリカ皇帝になった男の話」


自称皇帝を受け入れるアメリカの度量とユーモアを知ってほしいと思います。


この男は実在したのです。




救急車の音、入ってるんかい!

どうですか?ちゃんと見れてますかね?

PCなどは画質落とした方がよいかもですかね?

なにぶん、初めてなもので・・・


兼重さん、お疲れ様でした。

やはり、落ち着いた話し方、安定感ハンパないですね。


本の内容も奇妙なノンフィクションで惹きつけられますね。

まずは、ほんのさわりのビブリオバトル、体感してもらえたでしょうか?


さて、お次は、突貫気味にバトラーやってくれたユリさんです。





バトラー談;「太陽の子」


戦争のことについてはもちろんなのですが、人とどのように関わるのか、人にどのように接せればよいのか、人に寄り添うとは・・・


そんなことを考えさせられる本です。


私は人と戦争の話をするのが嫌なのですが、自分の中では戦争について、優しさについて、ずっと考え続けようと思いたいと思います。




ユリさん、お疲れ様でした。

時期的にもそうですが、バトラー談で充分なほど伝わる内容でしたね。


急遽、バトラー参戦してくれたユリさん、珍しくまじめな1冊を紹介してくれました。


さぁ、ラストは誰よりも勝ちに飢えている男、「男・原田」くんの登場です。


ここでも最新のVARを・・・いやバトル中の動画をアップしました!


原田くんは、発表の口調がナチュラルでおもしろいと個人的に感じています。


今回は少し長めに撮りましたので、十二分にウチのビブリオの雰囲気、伝わるんじゃないでしょうか!?


小出さん、そしてまだ見ぬ一般参加者の皆さん、お楽しみに!

(本人、知らず ぷぷぷっ!)

*捨て台詞「だいじょぶだと思うな」アリ





バトラー談;「世界音痴」 稲村弘


改めて、自分と似た感性であるなと。


「絶叫委員会」と併せて読んでもらえたらなと。


物事の捉え方とか考え方とかが凄く楽しいと思います。


特に、母との「味噌汁」のくだりは最高です!




どうでしょうか?

わきあいあい感も充分に伝わったんじゃないかと。


初めてこのページ見てくださった方にも、この「オトナのビブリオバトル」の雰囲気わかってもらえたと思います!


原田くん、お疲れ様でした。

「絶叫委員会」からのこの1冊。


オレの「カズさん」2段攻撃と似た感じ。

果たして2年目も1発目は、この男が持っていくのか!?いよいよ投票です!





さぁ、集計も終わり、第13回ビブリオバトル「チャンプ本」の発表です!


しかし、ここである事態が・・・



そうなんです!

ひとりのモグモグ男が立ち上がり、未集計の投票用紙を!


場内は一時バタついていましたが、実はいちばん興奮していたのは集計係の私でした!


それは何故か?

この未集計の1票により事態が目まぐるしく変わってしまったことを知っていたのは、この戸田中、いや世界中探しても私しかいなかったのです!


この勢いのまま、チャンプの発表どうぞ!



そうなんです!

そういうことなんです!

なかなか見ごたえのあるシーンでした。


小出さん、もちろんお気づきかと思いますが、

表彰式 得賞歌として、行進曲「星条旗よ永遠なれ(The Stars and Stripes Forever!)」をとりいれました!


思いのほか、いい感じでした。

あえて、優勝者の名前は書きません。

動画をみてチェックしてもらえたらと思います!


とりあえず、第13回ビブリオバトル終了!

参加してくださった皆さん、お疲れ様でした!


*集合写真、撮り忘れてしましました。


それはなぜかというと、間髪いれず、次の展開へと続いてしまい、すっかり忘れてもうたです。


その展開とは・・・

「また?この季節が」編へ 急げ!!

(下にリンク貼ってあります!)



おまけ

兼重さんがお礼&意気込みメールくれました!



昨日ビブリオバトルに参加しました兼重です。


おいしい食事と楽しい時間を提供いただきましてありがとうございました。


次回も是非参加して、今度こそ栄冠をいただきたいと思います。


facebookにて軽く紹介しましたので、お時間あればご笑覧ください。


(特定記事のリンクを調べる方法がわからなかったので、私のページのリンクです) 

https://www.facebook.com/z.celenkov



次回、衝撃的展開!!

中国人的若者参加決定!!

日本語少々理解可。

see you next!! ザイジィェン~


次のページ:「また?この季節が?あのイベント?」



【 Before 第12回大会 】☜       

【 Next 第14回大会 】

『1』 ・・『5』 ・・『13』 『14』 『15』 ・・ 『20』・・


☆ オトナのビブリオ実行委員会 ★