~ 2018年11月16日 ~


第16回大会  

記憶に残るベストバウト』


~平成最後?のハイスペックバトル~




ど~も。

めっきり朝晩冷え込んでまいりましたね。

今回で16回目を迎え、久々にピンチなんです!


なんと、不参加者が続出するという状態に陥り一抹の不安を覚えましたが、なんとか私を含め8人での開催にこぎつけました。




上の写真を見てもらえばおわかりのとおり、

「委員長夫婦」&「原田代理夫婦」&「ともさん」と

「オトナのビブリオ」の創世記を支えてきた賢人たちが次々と無念の離脱を余儀なくされました。


おそらく、皆さん、軽い肉離れや打撲程度だと思うので来月には復帰できる見込みです。


西村さん、またオーディエンスとして参加してくれました!

ありがとうございます!


委員長&原田代理不在のため、ご挨拶は割愛してさっそく始めていきましょう!


*ちなみに今回は緊急リザーバーのユリさんがバトラーとして参戦してくれました。

意外と勝率高いので手強い存在です。





今回のバトラーラインナップは、

ユリさん、レイさん、ヤナさん、兼重さん、野原さんの順番です。


それでは、ユリさんどうぞ!




バトラー談:

「人魚の眠る家」 東野圭吾


私はミーハーではありません。(笑)


脳死、臓器移植について考えさせられる本

というよりも、

私には「母の強い愛」を感じました。




ユリさん、ありがとうございました。


娘がプールで溺れ、意識不明になるという突然の悲劇に襲われた夫婦の姿を描く、

東野圭吾のベストセラー小説。(パクリました。)


ただただ、ワタシは読んでみたいと思いました。


なんと映画公開予定らしく、調べてみると、な、なんと11月16日・・今日ではあ~りませんか!


まさに KING of タイムリーな作品!タイムリー過ぎて、ユリさんの第一声は「私はミーハーではありません」でした。


たしかに・・言っとかないとね・・


続きまして、レイさんお願いします!





本人談:

「アリエナクナイ科学ノ教科書」


超文系の私でも楽しく読める最新の科学ネタが満載です。


あの話のこの設定って・・・と考え出すと面白くて止まらなくなる。




レイさん、ありがとうございました!


サブタイトルに「空想設定を読み解く31講」とあるとおり、1つ1つの題材をリアルな観点でおもしろおかしく書いてあるようです。


もくじをチラ見すると「サイボーグ」やら「神」があって気になりますね。


やはり・・・ただただ、ワタシは読んでみたいと思いました。


お次は、ヤナさんです。お願いします!





本人談:

「裏世界ピクニック」 宮澤伊織


ホラーというジャンルもSFというジャンルも

”目の前にないモノを想像させる”点では同じで


この作者は、その原理を恐ろしいほどわかってる人なんだなとしみじみ思います。


ザッツエンターテイメント!!!




やなさん、ありがとうございました!


なにやら女子2人の異世界探検物語的なストーリー。


アニメ化されてもおかしくないような面白さを感じました。

もしかしたら、もうアニメ化されてるのかも・・


やなさんの話を聞いてるだけで・・・ただただ、ワタシは読んでみたいと思いました。


さて、4番手は兼重さんです。兼重さん、仕掛けてきました!下へ急げ!!







本人談:

「伏見工業伝説」 益子浩一


ある学園の荒廃に戦いを挑んだ男の記憶が

40年の時を経て、なお心を打つのです。




もはや、言葉はいらない!動画へ急げ!!



兼重さん、ありがとうございました!


仕掛けてきましたねぇ。BGM攻撃!

元カンチョー見ました?これは、ささるでしょ!


風は一人で吹いている~♪
月は一人で照っている~♪
俺も一人で流れ者~♪


ただただ、ワタシは読んでみたいと思いました~♪


おおきくぅ~ん by  イソップゥ!


ラストは野原さんです!





本人談:

「天ぷらにソースをかけますか?」

ニッポン食文化の境界線


今回は発表内の時間配分をまちがえた気がします。


本をきっかけとした話しをはずませたかったですが、それは次回以降で。




野原さん、ありがとうございました!


フォッサマグナの語りから、まさかの食べ物ネタ!


「あなたは天ぷらにソースをかけますか?赤飯に甘納豆を入れますか?」


などの食文化の境目が書かれてるらしく、食べ物ネタは、自称料理人であるワタシとしては気になるところですねぇ。


これもまた、ただただ、ワタシは読んでみたいと思いました。





以上、バトラーの皆さん、お疲れさまでした!


今回は、皆さん、ワタシと一緒で全部読んでみたいと言ってました。


たしかに全部読んでみたいと思わせる本ばかりで、

いったい誰が勝つのか、全く予想がつきませんでした。



~投票中~



集計が整いました!


第16回オトナのビブリオバトル、

栄えあるチャンプ本に輝いた方は・・・


デュクデュクデュクデュク デュクデュク デュク・・・・


ジャーン!!





☆★☆★☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★

☆★☆★☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★


レイさんでした~!

このハイスペックなバトルに見事、勝利しました。

おめでとうございます!


レイさんも、たしか3回目の優勝。しかも、委員長同様、最近の勝率がすごい。

やはり「長」が付く女性は強い!


次回以降、西村さんや新井さんがバトラー候補宣言してますので、

原田代理を含め、男性陣のリベンジを期待したいと思います!


ファイトー!おっさんズ!

日本はキミらがささえているぅ!

ボーナスうらやましいっ。


失礼しましたー!




えーっ、 宴もたけなわではございますが、時間の都合上、 この辺でお開きとしたいと思います。


今回、参加してくださった方、ありがとうございました!まだ気が早いですが、来年も何卒よろしくお願いします。


それじゃ今回はサクッとこのへんで。

閉店ガラガラー!




もうちっと続くぞい。



☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★ 

ビブ吉・リオ美のおまけコーナー

☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★


最後に、あたたかくもあり、ありがたいお便りいただきましたので、ご紹介したいと思います。



まずは、新井さんからのおたより。



こんにちは。

前回はご連絡の要不要がわからず、結果として無断での不参加となり失礼いたしました。


朋ちゃんから「皆さんが好意的に迎えてくださっている」と聞かされ、大変ありがたく思っております。


あとは、カッパさんの話題で持ち切りだったそうで(笑)。


ただ残念ながら、仕事の都合上11月の参加も難しい状況です...申し訳ありません。


少し先の話になってしまいますが、12月の回にはバトラーとして参加させていただけたらと思います。


どうぞよろしくお願いいたします。





そして、西村さんからもおたよりいただきました。



遠藤さん、百合子さん


こんばんは。金曜日はありがとうございました。

今回もすごく楽しかったし、お料理もとても美味しかったです🌟


ユリさんからお借りした東野圭吾の「人魚の眠る家」、週末に読み切りました。

今まで読んだ東野圭吾の本で自分の中では最高の1冊でした。


家族とは何か、死とは何か物語を通してすごく色々考えました。感じました。


実は11/18は私の誕生日だったですが、夜中読みながら涙を流しながら、0時を迎えたんですよ。


素晴らしい誕生日プレゼントをいただきありがとうございました(次回お返ししますが・笑)


このビブリオバトルは本の内容だけでなく、皆さんの感性に触れることのできる素晴らしい機会だなと感じています。


次回の参加がいつ可能かは、季節がらまだわかないのですが、次はバトラーにチャレンジしてみたいとおもいます!


ではまたお会いできる日を楽しみにしています。





お2人とも、あたたかいオコトバ、ありがとうございます。


「オトナのビブリオバトル」、まだまだ盛り上げていきましょうね!


これからも、ぜひよろしくお願いします。

そして、いつでもお待ちしております!




【 Before 第15回大会 】       

【 Next 第17回大会 】

『1』 ・・『9』 ・・ 『16』 『17』 『18』 ・・ 『25』・・


☆ オトナのビブリオ実行委員会 ★