~ 2019年3月15日 ~


第20回大会 

「もはや無双モード!君の名は・・」

  

~ 米津、あいみょん、それとも・・・

   やっとぉ目をぉ覚ましたかぁい ~    


ども。サイト作りが遅くなり申し訳ありません。

遠藤です。


とりあえず20回目を迎えることができました!


20回・・・重いというか、すごい!

響きがすごい!

全く想像していなかった領域です。


これ、100回とかイクんですかね?

とにかく、皆さんのパワーのおけげで継続できてるのは間違いありません。

ありがとうございます!


今回は、久しぶりに新しい方が参加してくださいました。


一応、本名はNGですので、コードネームで紹介したいと思います。

Code name:「タケちゃん」です。



「タケちゃん」さんも初参加でありながら初バトラーもやってくれるということで

今日は多種多様な戦いが繰り広げられそうな予感がしますね!


まずはモグモグタイムじゃ!

君の名は・・・
君の名は・・・


い、いた・・・!!

チャンプになるための条件を、唯一クリアしている男が!!


露骨にシャッターチャンスに合わせにきているところをみると、並々ならぬ気合いを感じます!


今日の主役はキミなのか?!

君の名は・・・



記念すべき20回大会での委員長のオコトバをいただき、

恒例のくす玉割りに移りたいと思います!

一気にどうぞ!




パチパチパチパチパチパチパチパチ パチパチパチパチ!


それでは、今日も始めていきましょう!


今日はなんと、6人バトラーです。

バトラーは見てのお楽しみ!

それでは、バトル開始!!!




バトラー談;

「鳥肉以上、鳥学未満」


もっとも身近な食材「鳥肉」から広がる鳥類学の世界。


それがユーモアたっぷりに語られています。


みんなでこの本を読んで、おいしく「鳥」をいただきましょう。




レイさん、ありがとうございました。

さすがの安定感です。


一応・・一応なんですけど飲食に関わる仕事をしている私からすると

「鳥肉」はまさに身近な食材なので、非常に気になるところですね。


それでは、次の方、どうぞ~!



バトラー談;

ウルトラマンと「正義」の話をしよう


また、時間に収まらない感じになりました。


が、ウルトラマン、ありがとうという気持ちです。




野原さん、ありがとうございました。


相変わらず、多彩な引き出しからの作品。

振り幅がすごい。


ウルトラマンという絶対的なヒーローを持ってきましたね。

これが吉と出るか!

なんか元カンの小出さん、好きそうなヤツかも・・・


どんどん行きましょう~!




バトラー談;アリクイのいんぼう


アリクイさんのモフモフにいやされてください。




上原さん、ありがとうございました。


「いんぼう」が「ハンコ」にもかかってるらしく、

オープニングから印鑑を繰り出してきました!


果たして、そこには、何が記されているのか?

「委員長のオコトバ」に全貌が・・・


*あとで見てね!


  『委員長のオコトバ』へGo!!!


作品的には、アリクイの喫茶店の店長を中心に繰り広げられるストーリーみたいで、人物設定などにどうやら謎があるようです。


委員長が質問してから、皆さんのこの作品の関心度がグッとあがった感じでした。


それでは、お次の方、どうぞ~



バトラー談;

「異国トーキョー漂流記」


外国人が日本人を、日本をどのようにみてるか感じることができます。


これから東京オリンピックがきます。


これを読んで、外国人との接し方を考えましょう!




原田くん、ありがとうございました。


著者のいろんな国の友人が絡んだりするストーリーっぽいですね。


私も近所にウイグル人の友人がいるので、けっこう共感できるポイントあるかもです。


あと、ゆくゆくは海外進出!?をもくろむ私には読んだほうがいい作品かも・・・・


残るは、2人とも初バトラーの人たちです!





バトラー談;仮面同窓会


人間のドス黒い面を書くのが上手な作者さんだと思います。


高校時代にパワハラだった教師にお礼まいりをするが、翌朝、相手が発見される。


犯人はだれか?

文字だけで表現された小説という世界ならではのオモシロさです。




さちさん、ありがとうございました。


とても初めてとは思えない落ち着きっぷりと時間キッチリの構成。

さすがでした。


ドラマか映画になったそうで、なかなか引き込まれそうな内容に感じました。


今回も多彩なラインナップになってますね~。

ラストは、「タケちゃん」さんです。



バトラー談;

「スヌーピー&暗い嵐の夜だった」


英文学史上、最悪の冒頭文。


その一行から始めて、スヌーピーが書いた小説が本の中に入ってます。


漫画であり、絵本であり、小説であるという不思議な本です。




「タケちゃん」さん、ありがとうございました。


さすが、こちらも緊張のかけらもない流暢なバトルっぷりでした。


スヌーピーもまた、キャッチ―な感じで、ある意味「ウルトラマン」VS「スヌーピー」という場外戦も浮かんできます。


さぁ、これで6人のバトラーが終了して、投票に入ります!


果たして、記念すべき20回大会王者に輝くのは誰なのか!?



~3分後~


それでは、発表します!

オトナのビブリオバトル第20回大会、


チャンプ本に輝く栄えある優勝者は・・・・


デュクデュクデュクデュク デュクデュク デュクデュク ・・・




君の名は・・・






ジャジャーン!!(なんか古い・・)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★

☆★☆★☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★


優勝は、野原さんでした!!

直近の4大会で3度目の優勝!

恐るべし、勝率!!


逆に、なぜ前回に限って勝てていないのが不思議なくらいです。


まさに、平成最後の大横綱になってしまいそうな強さです。


この優勝で、単独の最高勝率となり、元カンは2位にランクダウンとなってしましました。


小出さんの奇跡の巻き返しに期待します!(どうやって?)


*クリックで拡大



この後は、恒例のあふたぁびぶりおとして、

やなさんが、ささやかにホワイトデーギフトのマカロンを皆さんに配っておりました。


やなさん、ごちそうさまでした!




こうして、またまた無事に第20回大会を終えることができました。


参加してくださった皆さん、ありがとうございました!


次回は、いよいよ本当に平成最後の戦いになります。

まさに歴史に残る戦いを期待しております。 


カンバーック!!Mr.カネシゲ!


それじゃぁ、また次回にお会いしましょう~





【 Before 第19回大会 】       

【 Next 第21回大会 】

『1』『9』『15』 『21』 『22』 ・・ 『26』・・


☆ オトナのビブリオ実行委員会 ★