2019年10月25日金曜日。


「オトナのビブリオバトル27回大会」も無事終わり、参加者の方々の笑顔を見届けた私は葛藤していた。


このページを、果たして世に出していいものだろうか?


公開することにより、家族や関係者に迷惑がかかることがないだろうか。


自問自答をくり返し、食っちゃ寝、食っちゃ寝のマイライフ。


そして、オレ♪ほんきでけっつい♪

(本気で決意の意)


真実をお伝えすることにしました。


事の発端は、私が生み出した身勝手な新ルール、


そう「太宰ルール」にあるのだ!!



~ 前ページの再現 ~




最近は、人数が多いため、テーブルをL字にしてバトルを行っているのですが、


どうしてもスペースが狭いため、ワタクシが勝手に新ルールもうけました。


そのルールはコチラ



・・・・・・・


【バトラー対象:新ルール】

「この踏切線を越えたら人間失格になっちゃうよ」


・・・・・・・


です。


バトラーの皆さん、時間ばかりに気をとられてると足元すくわれちまうぜ!!


そこんとこ、四露死苦!!


それでは、始めていきましょう~




と、このようなくだりからバトルがスタートしたわけだが、

疑惑がかけられた方が1人、浮上してきたのだ!


その人とは・・・


「他人の前ではおどけてみせるばかりで、

本当の自分を誰にもさらけだすことのできない男」


” ウィキペディア「人間失格」より引用 ”




寺下さんなのだ!!


たしかに言われてみれば、あの流暢なバトラーっぷりは、おどけて見せているようだ。


しかし、その見事なトークの中での、アノ冷めた眼差し・・・


まさに上の表現と合致する「人間失格」人間ではないか!!


待て待て。

違う、違う、そ・お・じゃ、そ・お・じゃなぁい♪


だからと言って、自ら失格になるようなことをする人間なんているはずがない。


少なくとも、私が知ってる寺下さんは、そんな人じゃない!

(会った回数は3回くらいだっけ・・・)


私は信じていた。

そして、寺下さんのバトルを聞いていた。



まだ、始まったばかりだが、見事なバトラーっぷりだ。


ここでは、まだ判断材料に乏しい。

まだ静観しよう。



ん!?

皆さん、お気づきだろうか?


寺下さんの足元!

ギリか、あれはギリか、もしくはギリギリアウトなのか!?





ギリギリ踏みとどまっている!


寺下さんの左足が踏みとどまっている!


まだ人間でいたいと叫びたがっている!


そうだ!まだ、全然アウトじゃない!


寺下さんは、アウトな人じゃない!


ほかの3人と一緒で真の王者になったじゃないか。


このまま、左足が踏切線を拒むように踏ん張れば・・・


残りは、2分弱。


オレは寺下さんに人間失格の烙印なんて押したくはないんだ。


いけー!寺下さんの左足ぃぃぃ!













右足、出ちゃった・・・

はい、失格。




だから、言ったろう!


足元すくわれちまうってさ。


足元がお留守になってたぜっ、寺下さん。


次回は、動かないように100トンの靴でも用意するこったな!




じゃ、あばよ!





~ おしまい ~



【 Before 第26回大会 】       

【 Next 第28回大会 】

『1』・・『16』 『17』 『18』 『19』 『20』

・・ 『23』 『24』 『25』 『26』 『27』・・


☆ オトナのビブリオ実行委員会 ★